やりたいと思った時がチャンス!「能に親しむ会」

「能に親しむ会」は千代田区、目黒区、世田谷区の3つのお稽古場で開催しています。

参加者の男女比は、ほぼ半々で、中心は50代後半から60代、70代くらいの年配の方です。最近は、少し仕事も落ち着いて、第一線から離れた60代くらいの男性が増えています。昔取った杵柄という人もおられますが、まったくの初心者の方が多いです。年末の発表会にもなると、女性は皆さん着物を召して来られ、結構盛り上がっています。

能の舞台で活躍している先生に、直接親切に指導していただくチャンスです。見学もできますし、随時入会できます。全く初めての方も心配ありません。

先生は流儀の中心で活躍されている方ばかりですから、ある意味、贅沢なプログラムです。一通りの入門を終えた後で、個人的に深く学びたい人は、自分に合う先生に付いて、その後に習うこともできます。

各お稽古場の詳細をご覧になって、通いやすい教室をお選び下さい。

共通事項

会費
  • 月二回で5,000円(月初に集金)
  • 世田谷区教室は場所代として毎月+500円
  • 入会金なし
  • 会費には先生のお礼、雑費を含みます
必要な教材
  • 謡本 2.250円
  • 足袋

すでにお持ちの物をご使用頂けます。まだお持ちでない方は、必要な時にお買い求め頂けます。

お稽古用品

服装
洋服でも大丈夫ですが、足袋は必要です。
お問い合わせ
申し込み先
東京都千代田区神田小川町2-1 檜書店内
TEL 03-3291-9555 FAX 03-3295-3554
Eメール:javascriptを有効にするとメールアドレスが表示されます。
能に親しむ会 事務局[角田(つのだ)]

講師の先生方

観世流シテ方準職分の先生方です。

千代田教室・世田谷教室

  • 浅見重好
  • 上田公威
  • 木原康之
  • 藤波重孝
  • 金子聡哉

目黒教室

  • 山階彌右衛門
  • 山階弥次

千代田区教室

教室は、九段下にある、生涯学習センター内です。前半は謡、後半は仕舞となっています。稽古は洋服で大丈夫ですので、気楽に参加できます。

年一回発表会があり、能舞台に出演できます。先生は、観世流から現役能楽師の方々がご指導下さいます。会員はベテランから初心者まで、皆仲良く稽古に励んでいます。

場所
千代田区 九段生涯学習センター 5F多目的室(原則)
東京都千代田区九段南1-5-10 九段下駅6番出口前
時間
18:30〜20:30
先生
観世流準職分 浅見重好、上田公威、藤波重孝、木原康之
2016年 お稽古予定表
月日先生
備考

原則第二、第四木曜日の開催です。
例外日 *1*2 第一木曜日、*3*5第三木曜日、*4第五木曜日

2016年4月16日更新(日程は変更になることがあります)

1月14日藤波重孝
1月28日上田公威
2月4日*1木原康之
2月25日藤波重孝
3月10日木原康之
3月24日上田公威
4月14日上田公威
4月28日藤波重孝
5月12日木原康之
5月26日上田公威
6月9日木原康之
6月23日藤波重孝
7月14日木原康之
7月28日上田公威
8月4日*2藤波重孝
8月18日*3上田公威
9月8日木原康之
9月29日*4上田公威
10月13日藤波重孝
10月27日上田公威
11月17日*5木原康之
11月24日上田公威
12月8日木原康之
12月22日上田公威

世田谷区教室

場所
世田谷区の太子堂区民センター 和室
地下鉄田園都市線三軒茶屋駅から徒歩3分
時間
18:30〜20:00
先生
観世流準職分 浅見重好、上田公威、藤波重孝
2017年 お稽古予定表
月日先生
備考

原則、第二・第四水曜日の開催です。

2017年2月21日更新(日程は変更になることがあります)

1月11日藤波重孝
1月25日金子聡哉
2月8日藤波重孝
2月22日浅見重好
3月8日金子聡哉
3月22日浅見重好
4月12日浅見重好
4月26日金子聡哉
5月10日金子聡哉
5月24日浅見重好
6月14日浅見重好
6月28日藤波重孝
7月12日浅見重好
7月26日浅見重好
8月9日金子聡哉
8月23日浅見重好
9月13日浅見重好
9月27日藤波重孝
10月11日浅見重好
10月25日藤波重孝
11月8日浅見重好
11月22日金子聡哉
12月6日浅見重好
12月13日藤波重孝

目黒区教室

場所
区立田道住区センター三田分室 東京都目黒区三田2丁目10−33
目黒三田通り日の丸自動車学校前
時間
19:00〜21:00
先生
観世流準職分 山階弥次 山階彌右衛門
2015年 お稽古予定表
月日先生
備考

原則、第一・第三木曜日の開催です。

2015年7月21日更新(日程は変更になることがあります)

第一木曜日山階弥次
第三木曜日山階彌右衛門

体験記

千代田教室 太田明夫さん

神田小川町の檜書店さんの前を通りかかった時に「能に親しむ会」の案内が目に入った。謡と仕舞を教えてくれるという。能に関心が深いわけではないが、子供の頃父親が謡をやっていたことを不意に思い出し、申し込んでみた。

参加してみると、何も知らない初心者にも浅見重好先生はじめプロの方々が、発声の基本から、呼吸法から教えてくださった。謡には「節(メロディー)」と「詞(セリフ)」があり、謡本の文字の脇には様々な譜号がついていて、音の高さや長さなどが示されている。しかし、さまざまな譜号はちょっとやそっとでは覚えられないし、音もでない(今も覚えられていません)。やっているうちに多少は発声できるようになったけれど、それだけでは済まない。シテ、ワキ、地謡のかけあい、さらに、文意・曲趣を込めて謡うのには曲の中身が理解できていないとできない。これはまた大変。上田公威先生がよく指摘してくださるが、奥はどこまで深いのか、まったく全く見えない。

仕舞も一緒にやるのはこれはこれで戸惑った。仕舞は能の一部分を身体で演じるのだが、私は「仕舞」という言葉すら知らなかった。扇の握り方、構え、足の運び、腕の指し方、開き方、視線の先・・・、教えてもらうとどれも新鮮なことばかり。

参加しているのは十数人。やや女性の方が多く、年齢は様々。年に一度の発表会は他の教室と合同なので、二十人以上が参加。これが能舞台の上で謡う、舞う。ピカピカの舞台は足袋を履かないと上れない。切戸口から腰をかがめて舞台へ出ると世界が変わる。能舞台とはこういう所か。さて、間違えずに謡えるのか、舞えるのか。曲趣の表現どころではない。舞台から降りたところで先生から短い御指摘を受ける。いずれにしても、発表会のために一所懸命準備する段階で、何かが少しだけわかってくる。怖いけれど貴重な体験。

それやこれやで、能の世界にほんのわずかに近づきました。何百年ものあいだ、能を作る人がいて、舞台に立つ人がいて、支える人がいて、観る人がいた。われわれの現実世界とはかなり違うのだけれど、何かがつながっている。想いをはせれば、空が、人が、樹が、花が見え、風が、音が伝わってくるような気がちょっとだけする。能舞台を観る目が変わってきました。